白猫プロジェクト&白猫テニスに飽きた理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飽きを決定づけた原因

先に予防線を張っておきますと、白猫プロジェクトに関しては依然として新規な方にお勧めすることはできます。テニスは少し勧めづらいです。
以下に記載した理由の大半に関しては、実際のところは白猫プロジェクトどころかソシャゲ全般の宿命に近いです。
煽っているわけではありませんが、2年以上同一のソシャゲを続けられる人は本心からすごいと思っています。

インフレで死んだ

白猫プロジェクトに限らないと思います。インフレ。
インフレしすぎて、以前のキャラが最新のクエストでは役に立たなくなってしまいます。一応、強化はされるのですがインフレは止まりません。
最近は少し緩やかになったかと思います。

アイテム課金型のソシャゲでは宿命ともいえます。定期的に新しいキャラクターを出す必要がある一方で、ガチャが回らなければ売り上げが落ちてしまいます。
多くの基本無料型ソシャゲでは、売り上げをガチャに依存しています。

白猫プロジェクトに関しては、敵に与えるダメージで指標を測れると思います。指数関数的にインフレしており、具体的にいうとインフレ率は年率1000%近くになります。1年たつごとに、当該環境で標準的に出すダメージが10倍かそれ以上になります。
あくまで肌感覚なので、正確には測定しておらず、これが正しいとは限りはしないのですが。
実際にはHPもインフレしていますし、防御力や数値では表しにくい特殊能力に関しても同様にいたちごっことなっています。

白猫テニスに関してはPvPなので余計に厄介です。というのも、敵はプレイヤーなので、そのプレイヤーのキャラクターより強いキャラクターを出し続ける必要があるからです。
一度下方修正したことはあったものの、結局それ以上のペースでインフレしてしまいました。対策に対策を上塗りし続けることで、ついていけなくなってしまいました。
ガチャの運が悪くなってしまえば、そのアカウントでそれ以上活動するのは相当に厳しくなってしまうからです。実際、ここ最近登場した闇の王子および光の王で厳しくなったという話もあるようです。

厳しくなったらリセマラしてしまえばいいとも聞きます。タワーの階層や名声を気にせず、単に勝ちたいのであればそれも一手なのかもしれません。

広告





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告